CQがわかるとコミュニケーションが変わる・楽しくなる

トップページ CQ協会とは CQAセミナー/研修/実績 養成講座一覧 講師のご紹介
イメージ画像  
お申込・お問い合わせ
自治体の皆さまへ
個性重視型システムCQマッチングNavi
企業の方へ
Facebook
 

CQ協会とは

協会概要

名称
一般社団法人コミュニケーションクオーシェント協会 (略称CQA)
協会設立日
平成24年(2012年)2月1日  研究開発は1989年〜
協会本部
京都市下京区中堂寺粟田町93KRP4号館3階 KRP BIZ NEXT  MAPはこちら
TEL:075-371-4000  FAX:075-320-1398
URL:http://www.cqa.or.jp
中部支部
名古屋市中区栄3-15-27 いちご栄ビル9F
協会会長
和田真雄(個性分析テスト開発者)  代表理事:江田幸央

目的

コミュニケーション指数を社会に普及させることを目的とするとともに、その目的に資するため、次の事業を行う。

教育事業
・コミュニケーション指数に関する調査及び研究   ・コミュニケーション指数に関する広報活動
・CQを解説できるアドバイザーの教育   ・CQを解説できるアドバイザーの認定
・CQを解説できるアドバイザー派遣   ・セミナー・講座・研修講師の育成
・コミュニケーション力セミナー・講座・研修   ・人財活用コンサルティング
・企業組織診断・カウンセリング    
 
社会貢献事業
・「個性重視型CQマッチングNaviシステム」開発
・恋愛・結婚力を活用した少子化支援事業 (恋愛力セミナー・婚活パーティー企画運営)
・「引きこもり」「うつ」「いじめ」などを未然に防ぐための個性重視の「心のカウンセリング」
・学校/PTAと連携した親子教育活動(親業セミナー・子供の個性に合った会話教室等の開催)
・母親向け子育て教室《講座》   1.良い子を育てるとは、どういうことか。
    2.個性豊かに育てるとは、どういうことか。
    3.自発性を育てるにはどうすればいいのか。
    4.いじめに負けない強い子どもを育てる。
 

CQの特色

  1. 個別の行動の傾向を把握するのではなく、基本的な発想を測定することから、個人の変わりにくい個性が直接測定できる。
    (個別の行動を測定すると、被験者の状況によって数値が変わり、信頼性が保持できない)
  2. 基本的な発想を聞くとき、日常の何気ない行動を基に質問することから、質問の意図が分かりにくく、答えを操作することができにくくなり、信頼性が確保される。
  3. 基本的な発想が数値化されることから、行動の傾向が細かく予測でき、全体的な個性の把握が可能。
  4. 基本的な発想を数値化することから、知りたい情報だけを取り出して、見やすく表示することができ、テストのすべてを理解しなくても、簡単に利用することができる。
  5. 基本的な発想を数値化することから、長所と短所が明確になり、適材適所が容易に判定できる。
  6. 基本的な発想を数値化することから、本人の持つ潜在能力までも読み取ることができ、将来どのように処遇すればいいのかも容易に判定できる。
 

個性分析・コミュニケーション診断とは

新しい形のコミュニケーション診断

<自分を知る>
他人から見た本当の自分を理解する
ことで、あなたが相手に与える印象を知ることができます。
自分らしさを活かしながら、無理しないコミュニケーションスタイルを目指しませんか。

<相手を知る>
自分と相手の違いを視覚的に明確にすることで、自分とは異なる相手の価値観や行動を受け入れられるようになります。
コミュニケーションがうまくいかないのは誰かやあなたの何かが悪いのではなく、ただ自分と相手の違いを知らないことで生まれるすれ違いに原因があります。
学術的根拠のあるACS個性分析で、あなたの内面を知り、相手の価値観を知り、自分と相手の違いを知り、診断結果をひも解くことで、ずっと抱えていた人間関係の問題を一緒に解決しましょう!

 

他人から見た自分を客観的に分析

ACS個性分析では、対人関係で必要なコミュニケーション能力を120問3択の設問に答えて、12項目の尺度をグラフで可視化します。
グラフの大きさではなく、バランスが個性を表していますので、大きいグラフが良い、悪いが判断の基準にはなりません。
自分が知っている性格だけではなく、相手からどう見られているのか、対人関係との間で起こりうるプラス面やマイナス面、強み、弱みを浮かびあがらせ、コミュニケーションの取り方や方法などが理解できます。